Pikininiとは

 Pikinini(ピキニニ)とは、南国の楽園パプアニューギニアの言葉で「子ども」と言う意味です。音の響きが可愛いだけではなく未来を担う子どもたちに素敵な地球、自然環境を残してあげたいという想いを込めて。また、子どもたちはもちろん大人も子ども心を思い出して楽しくなるようなお店を目指して店名と致しました。

環境への配慮と食の安全を念頭においているため地産地消と無添加の食品を提供することを意識しながら、本格的で美味しく地域の皆さまに愛され、さらにニセコを訪れる世界中の方々に喜んでいただけるお店を目指しております。

 

お店の概要

 当店は夫婦2人で営んでいるフードトラックです。場所はニセコ町綺羅街道沿い(道道66号線沿い、詳細はこちらを参照)で、通常はこの場所で野外カフェのように営業しておりますが、週末や曜日によっては移動することもあります。販売している食品は当店オリジナルの“ミートソースピタパン”、“生ガトーショコラ”、“しふぉんケーキ”で、全て手作りしております。また、お飲み物は“有機栽培コーヒー”、“ラテ各種”、“ホットチョコレート等”を提供しております。「ところでPikininiって何屋さん?」と疑問に思われるかも知れません。一言で申し上げるには難しいのですが、「ニセコの生トマトとルスツ豚で作っている無添加ミートソース専門店」でありながら、「生ガトーショコラ」と「しふぉんケーキ」の2種のスイーツを専門で手作りしているお店。また、有機栽培コーヒーやホットチョコレートをご提供するカフェ機能を持ったフードトラック。とご理解いただけると嬉しいです。当店でお出ししている全てのメニューは、地産地消や無添加というコンセプトに基づき、オーガニック食品も使用しながら私たちが美味しいと自信を持ってお勧めできるものです。ピキニニの通常販売場所の周りにはその場で飲食をお楽しみ頂けるカフェスペースがございますので、美味しさをセレクトした野外カフェ付きフードトラック=Pikinini と言うイメージを持ってお越しください。何を選んで頂いても美味しいものを楽しめて、幸せな気持ちになってもらえるお店であり続けるためにこれからも日々精進していきます!! 

 

自己紹介

大橋公孝と理絵の夫婦2人で営んでおります。公孝は北海道小樽市出身。サッカーとスキーの他スポーツ全般が大好き。理絵は富山県高岡市出身。音楽が大好きで特技はバイオリン演奏。素敵な自然環境、景観、澄んだ空気、水、美味しい農産物、温泉、スキー場、世界中から色んな人が集まっていることに魅力を感じて2015年4月からニセコに住み始めました。私たちは青年海外協力隊員として開発途上国でボランティア活動を行った他、仕事や子育てをした経験があり、経済的には先進国ほど恵まれないながらいつも笑顔で幸せに暮らしている人々をたくさん見て来ました。日本の子どもたちや大人の方にももっと笑顔で過ごしてもらいたい。世界が平和で皆がいつも笑顔で幸せになれるよう、美味しくて身体にも優しいものを気軽に食べて喜んでもらいたい。そんな想いを持ってここニセコの地で2015年10月にPikininiをオープンしました。

ミートソースを選んだ理由

日本の国民食と言えばラーメン、カレー、寿司、そば、うどん、かつ丼・・・等々、美味しいものがたくさんあります。その中で国民的認知度が高いけれども専門店が少なく、子どもたちにも人気の食べ物を考えたところミートソースに行きついたということが一つ。また、自宅でミートソーススパゲティを作る事が良くありましたが2人の娘たちがとても喜んで食べていたから、という事がもう一つの理由です。フードトラックですので、ミートソースを中心に地産のものを美味しく気軽に食べられるように工夫をし、ミートソース、野菜、いももちをピタパンに挟んで食べる形になりました。また、現在ではミートソースペンネやミートソースごはん等の裏メニューを販売することもございます。

地産地消でありたい

地元の作物を旬の時期に美味しくいただく・・・。本来は至って当たり前の事ですが、現代の都市部では贅沢に感じられる事かも知れません。私たちはニセコ産、もしくは出来るだけ近郊の食材を使用しています。特にミートソースのベースになるトマトには缶詰を使用せず、農家さん直送のニセコ産生トマトをふんだんに使用し、主役の「ミート」には柔らかな脂身の旨味とコクが特徴の近郊のブランド豚、ルスツ豚(100%)を使っております。地産地消はより自然な姿だと考えているからなのです。

無添加へのこころみ

私は幼少期に袋詰めされたお菓子や加工食品を食べて、なぜこれは腐らないのだろう?絵の具のような色が付いているのになぜ食べられるのだろう?化学調味料と呼ばれるものを入れると美味しくなるけど、これは一体何から出来ているのだろう?と疑問を持っていました。つい数年前までは同じような疑問を持ちつつも、明らかにおかしいと感じるものを除いて、美味しいとか身体に良さそうと思うものは気にせずに食べていました。しかし、開発途上国で生活したことがきっかけで食品添加物に興味を持ち、色々と調べるようになりました。もしかするとあまり身体に良いものでは無いかも知れないので、私たちは帰国後に早速添加物を取らない食生活を始めました。数か月後、添加物を中心に味付けされたものは美味しく感じられなくなり、身体が拒否反応を起こすこともありました。このような経験を踏まえ(あくまでも個人の体験ですが)、私たちはお客様にお出しするものも同じように無添加の方が良いだろうと考えているため、添加物を使用しておりません。(但しミートソースを作る過程で使用するワインには酸化防止剤(亜硫酸塩)が含まれております。これはワインの製造過程において添加または自然発生するものです。)

美味しさの追求

Pikininiのコンセプトは私たちの想いやこだわりがベースとなっておりますが、一番のこだわりが「美味しさ」です(上記の通り地産地消や無添加を考慮したうえで)。私たちは食べることが大好きなので、お客様にもとびっきり美味しいものをご提供したいと考えております。当店のミートソース、ピタパン、いももち、生ガトーショコラ、シフォンケーキ等は全て専用の厨房で作ります。当店の営業時間は長いとは言えませんが、その分仕込みには労力を費やしています。ミートソースは生トマトの皮を湯剥きし、長時間煮込みトマトソースを作った後、ルスツ豚、ハーブ等々を加えて味を整えて行きます。ピタパンは道産小麦と天然酵母を使用し、毎朝その日の分だけ焼いております。農家さん直送のじゃがいもで作った“いももち”は「それだけで売って欲しい」という声をいただくこともしばしばあります。生ガトーショコラは良質な素材を使用することで滑らかな食感と芳醇な味と香りをお楽しみいただけます。シフォンケーキは素材の美味しさを存分に楽しめる事としっとりふわふわ食感を楽しんで頂くために、的確で繊細な作業が要求されます。一杯のどんぶりに情熱を注ぎ込んでいるラーメン屋さんのように、私たちもお客様に美味しいと言っていただけるよう、一つ一つに気持ちを込めて作っております。

 

環境配慮をスタンダードに

当店はフードトラックではありますが、カフェスペースがありその場でお食事が出来ます。そのため紙コップを使用せず、当店のマグカップをご利用された場合やマイボトル・マイカップをお持ちの方にはお飲み物代から20円引き致しております。また、すぐにお食事をされる方には紙袋等を使用せず、最小限の包装としております。これは無駄なごみは排出しない事が環境的に良いと判断しているからです。ゴミの排出は二酸化炭素の排出を促し、エネルギーコストの増加にも繋がります。リサイクルも大切ですが、まずは一人一人がごみの排出を減らす等、環境への配慮を今一度考えて頂けるきっかけになれば嬉しく思います。地球は世界中皆のものですので、少しでも皆様と協力していければと思っております。
ちなみに、当店のミートソースピタパンは出来立てが特に美味しいです。最も良い状態で味わっていただくためにも、その場で手に取ってすぐに食べて頂くことをお勧めします!!

Pikininiのご利用方法について

その場でお召し上がりいただける場合は、野外カフェスペースがありますので、是非ご利用ください。ピタパンを入れる容器、お飲み物のカップは当店でご用意しております。

移動販売車での購入に不慣れな方がいらっしゃるかもしれませんが、以下のような流れでご購入いただけます。

1.まず窓口にお越しいただき、メニューをチェック!! 選びきれない場合は私たちにお

 勧めの品を聞いてみてくださいね。お好きなメニューを選び、お会計を致します。

2.お一人分のメニューでしたら5分~10分ほどお時間を下さい。お車でお待ちいただ

 いても構いませんし、椅子やベンチにお座りになっていても構いませんし、販売車

 やカフェスペースをじっくり見て頂いたり、写真を撮ってインターネット上にアッ

 プして頂いても全く構いません。

3.出来ましたらお呼び致しますので、窓口でお受け取りください。お食事後、容器、

 コップ等は窓口にお戻しください。 

 以上、どうぞ宜しくお願い致します。

有機栽培コーヒーとの出会い

当店のコーヒーは有機栽培(オーガニック)コーヒーです。数年前私たちが札幌に住んでいたころ、行きつけの有名コーヒー店にてコーヒー豆を買い、自宅で楽しんでおりました。店頭にある全種類のコーヒーを試して、最後に行きついたのは一種類だけあったオーガニックコーヒーでした。当時オーガニックや無添加に関心が無かったにも関わらず、です。美味しい豆は他にもありましたが、オーガニックの豆は他と比べると角が無くまろやかで優しく、飽きがこない味でした。開店前、Pikininiで提供するコーヒーはオーガニックと決めていたので、札幌にある有機栽培コーヒー専門店の珈和堂(道内で初めて有機栽培JAS加工業者認定を受けた、炭直火自家焙煎店)の社長さんのもとへ、ピキニニブレンドを作って頂こうとお話に伺いました。そこでなんと驚きの事実が!!  数年前私が楽しんでいたオーガニックコーヒーは珈和堂さんが焙煎して卸していたコーヒーだったのです。こんな素敵な偶然に驚きつつ、きっとピキニニブレンドはお客様にも喜んでいただけるのではないかとその時確信しました。

素敵なカフェスペースを目指して

皆さまは北海道ニセコ町の綺羅街道をご存知でしょうか。道道66号線のニセコ町中心部の数百メートルの通りのことです。ここは道幅も歩道も広く、歩道はレンガ作り、両脇に大きな街灯があって、なんと電柱は無く、ヨーロッパの国々にあるような、電線が地中に埋められている素敵な通りなのです。私たちはこの景観にマッチするようなカフェスペースがあれば気軽に楽しい時間が過ごせるのではないかと考えました。そこで、もともとあった花壇を一部取り除きウッドデッキを作り、レンガを敷き詰めました。ウッドデッキはプロの大工さんに作って頂きましたが、残りは全て2人でコツコツ作り上げました。レンガは中古と新品のオーストラリア産(特に中古レンガは味があります)、枕木もオーストラリア産(非常に硬い木で腐りにくいため薬剤を使用していない点がお気に入り)、ウッドデッキの木材には道南杉(ここでも地産地消にこだわりたかったため)、石垣の石は自宅土地内の石(土地を掘ると小判は出ませんでしたが、石がたくさん出てきました)を使用しました。左の写真がそのスペースですが、ご興味がおありの方は是非直接ご覧ください。

Pikininiはこんな人におススメ!!

 1.バランスの良い食事を気軽なスタイルで楽しみたい方。

 2.仕事途中やドライブ中、ニセコ近郊の美味しい食材でお腹を満たしたい方。

 3.ニセコの町を散策中の休憩に。

 4.観光客の皆様、旅の思い出に!!

 5.デート途中のお二人に。

 6.小さいお子さまをお持ちのママ、お子さまと一緒に身体にやさしい無添加ミート

 ソースピタパンを気軽にどうぞ。

 7.コンビニ感覚で気軽にコーヒーを飲みたい方、本格的なオーガニックコーヒーは

 いかがですか?

 8.お友達とお茶会、たまには外で気分を変えてみたい方々。

 9.何だかわからないけど異空間で楽しそう!! とお思いの方。

10.車で通りがかりに、「何だあれ?」と思わず振り向いてしまった方。

Pikininiからのお願い

Pikininiのカフェスペースでは店名のとおり子どもたちにも楽しんでもらうため、また、ニセコの美味しい空気を皆様に楽しんでいただくためにも禁煙とさせていただいております。誠に恐れ入りますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。また、お車でお越しの際は出来る限りアイドリングストップにご協力をお願い致します。

OPENING HOURS

 

月火木金土 (Mon,Tue,Thu,Fri,Sat)

11:00 - 15:00

定休日 (Close)

水曜・日曜 (Wed,Sun)

© 2016 Proudly created by Pikinini

ADDRESS

 

北海道虻田郡ニセコ町字本通113-15

pikinini2015@gmail.com

携帯  /  080-6091-4156(店主:大橋公孝)

​F AX /  0136-55-5936

  • Facebook Social Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • YouTube - White Circle
  • 335_edited_edited